アンフィルム青年日記

口だけ達者な20代若者が「低品質・大量生産」というスタンスでアクセスを愚直に獲得していくブログ。お問い合わせはunfilmoui@gmail.comまで。


私がウェブライターとして失敗した5つの理由

f:id:asmrexpert:20190211210029j:image

私は以前に、ウェブライターとして仕事をしていた。最低でも月10万円は毎月稼げていた。

しかし、結局は失敗した。

失敗の失敗ではなく、フリーでも初月で5万円は達成していたし、最高では15万円くらいは稼げた。

しかし、結局は失敗した。

成功できる道もあったが、継続する能力、体力そして考え方がなかったから、失敗した。

今回は「私がWebライターに失敗した理由」を考えて共有したいと思う。

◯●◯●◯●◯

 

私がウェブライターとして失敗した5つの理由

 

●理由1.「仕事」としての覚悟が芽生えなかった(社会経験がなかった)

f:id:asmrexpert:20190212104849j:image

私にとってウェブライティングの仕事は「お小遣い稼ぎ」の延長上にあったのではないかと思います。「仕事」という現実感を感じることができなかった。私の仕事は全てオフラインで解決するものであり、現実世界でクライアントに会ったことは一度もありませんでした。

一番は「温度感」を察する能力がなかった。「クライアントからお金を頂く」という事の大きさに私自身が気付いていませんでした。

つまり、私の書いた記事の向こう側の「クライアント」そして「読者」を想像する力がなかったということ。

私は一体どれほどの仕事をしているのだろう」といつも思っていました。

仕事に対するフィードバックをクライアントからもっと積極的に受けるべきだったと今は思います。また、私は当時会社員の経験がなかったことも大きいと感じます。

「働いてお金を稼ぐ」とは一体どういうことであるのか?を全く考えていませんでした。これは会社員を経験したからとって自動的に解決する問題ではありませんが、やはり組織で働くというのは常に仕事に対する責任感を問われます。

私にはその責任が欠落しており、金を頂く者として無責任な行為ばかりを繰り返していました。

 

 

●理由2. ウェブに溢れる低品質な記事ばかりを目にするのに嫌気がさした

f:id:asmrexpert:20190212104907j:image

私が担当していた記事は「ネット上にある既存の記事」を参考にして書けるものであり、経験がなくても、知識がなくても、「文章の構成力」さえあればできるものばかりでした。

「楽して稼げていいじゃん」と感じる方もいると思いますが、そこが穴なのです。

ウェブライターをやっていると、ネット上の記事を見ても「私のような素人が書いているんだ」と感じるようになりました。

参考にする既存のネット記事も情報の信憑性を疑うようなものばかり。そんな情報を参考にして記事を書く自分自身にも嫌悪感を感じてしまうのです。私のように専門性を持たないウェブライターの多くが感じている感覚だと思います。「またネットにゴミ記事を増やすのか」と。

 

 

●理由3. クライアント・読者を意識せず「なんとなく」で稼げてしまった

f:id:asmrexpert:20190212104923j:image

一番の問題はこんな意識でも「実際に稼げてしまったこと(一時的にであって継続して稼ぐのは非常に難しい)」です。

これがもし稼げなくて、稼ぐための苦難を強いられていたら、「仕事の覚悟」を持てていたかもしれません。個人的な経験で言えば、ウェブライターとして稼ぐのは難しくありません。今からクラウドソーシングサービスに登録して、ライティング業務を探して、クライアントに魅力的な営業メッセージを打てば、仕事を手に入れることができます。これを今から始めれば、明後日の朝までに5000円くらいだったら多くの人が稼げると思います。

この「手軽さ」を意識的にコントロールしていかないと、私のように失敗します。

「お金に対する感謝の気持ち」や「プロ(書き手)として覚悟」とでも言うのでしょうか。それらが私には圧倒的に欠けていました。

 

 

●理由4. 文字単価だけで記事を選んだ

f:id:asmrexpert:20190212105000j:image

私がウェブライターとして担当した記事の最高単価は4円でした。最低でも1円以上で、平均すれば2円くらい記事を受注していました。

私は「文字単価が高ければ高いほどいい」と考えていましたが、大きな間違いでした。

ウェブ上の案件にはかなり怪しいものもあります。たとえば、「悪質なネットビジネスへの勧誘記事」です。

私は人を騙すような情報を平気で執筆していました。なぜなら、文字単価が良かったから。

高い文字単価の前に、完全に倫理観が崩壊してしまっていました。

 

 

●理由5. 専門性がなかった

f:id:asmrexpert:20190212105016j:image

振り返ってみると、ウェブライターとして心から満足する仕事をするには「専門」が非常に大切だと思います。

専門性を有しており、なおその分野の新鮮な情報に触れ、常に情報をアップデートしていることが大切です。

文字単価の面でも、専門性は重要ですが、健全な精神でウェブライターを続けるためにも

専門性がなければ、既存の情報に頼るしかありません。しかし、専門性がないということは既存の情報の信憑性を判断する基準を持っていないということです。

専門性がなければ、ウェブライターとして稼ぐことができても、生きていくことは難しいでしょう。

 

 

まとめ : どうすれば素晴らしいウェブライターになれたのであろうか

当ブログでは以前にウェブライターという仕事を批判するような記事を幾度か書きました。

しかし、ことの問題はウェブライターという職業ではなく、働く側の私にあったと思います。

私は大学生のときにウェブライティングと出会い、すぐに稼げるようになり、「このスキルあればいつでもお金を産める」と思い込んでいました。

しかし、実際にはウェブライターとして活動し続けるために必要不可欠なもの全てが欠けていた。

ウェブライティングで稼いだお金に救われていたにもかからわず、ウェブライターという仕事を非常に下に見ていた。

私と同じように大学生でウェブライティングに出会う学生は多いと思います。

もし稼げていてもしっかりウェブライターという仕事について考えみてください。

「楽にお小遣い稼ぎができる」という意識は改革する必要があります。お金の価値は決して量としての結果だけで決まるのではなく、そのプロセスも重要な構成要素です。

私は今でも、ウェブライターとしての過去を人に自信をもって言うことができません。私はウェブライティングで稼げたけれど、そのプロセスを雑に扱いすぎてしまったのです。

「私、ウェブライターやってます」と自信をもって言いたかった。

 

◯●◯●◯●◯●

【ウェブライターに関する記事は他にも書いています】

www.unfilmoui.com

 

www.unfilmoui.com

 

www.unfilmoui.com

 

www.unfilmoui.com