アンフィルム青年日記

口だけ達者な20代若者が「低品質・大量生産」というスタンスでアクセスを愚直に獲得していくブログ。お問い合わせはunfilmoui@gmail.comまで。


人を育てる余裕なんてないよ。自分で頑張らないと社会的弱者へまっしぐらな時代

f:id:asmrexpert:20190225211138j:image

 

 今回の記事はシロクマさんの11年前のエントリから着想を得て書いたものです。

p-shirokuma.hatenadiary.com

 

「気づけば、あなたも社会的弱者」

 

これからの時代「自分で自分を育てられない人間」は下落していく一方である。

 

今後この傾向はさらに強まっていき、自分で自分を育てられない人間は非正規雇用かニートの道しか与えられないんじゃないかな?

現代がすでにそうだけど。現代以上に。

 

企業が求めるのは「即戦力」で、労働者側も「早く結果を出したい」って思ってる。「下積み」なんてやりたいと思う人いないでしょ。「一生懸命、掃除することで大切なものが磨かれる」って言われても、「そんなの掃除代行雇えばいいじゃん。なんで俺?」ってなる。就職しても掃除なんかやらされるなら、すぐにやめるよ。だってスキルつかないもん。そんな呑気なことはしてられない。まぁそもそも社員に掃除をやらす会社なんて少なくなってきているんだろうけど。

 

簡単に言えば、今の人には余裕がない。

企業側も労働者も。経済の問題だ。経済的成長が見込めないなら、あとは「生き残ること」が目的になる。生き残ることが目的だから、「人を育てる余裕」なんてもちろんない。生きる残るために、企業は即戦力が必要になる。人を育ててもすぐに辞められちゃうし、そもそも育成コストが掛かるから。だったら、即戦力がいいのは当たり前の話。

 

じゃあ、労働者側はどうすればいいのだろう?だって、もう「仕事でスキルをつけること」とか言ってられないじゃん。即戦力になれる位のスキルがないとそもそも就職できない前提。「お金をもらって学ぶ」とか言ってられない。

 

即戦力しか求めない企業の上司なんて

高確率で嫌な奴でしょ。

 

「お前、何できるんだ?」って言われて、できないと怒られる。即戦力になる前提で入社するということは「仕事ができる」ってことだから、些細なミスでも怒られる。

つまり、「失敗」ができない。失敗ができないってのはキツイね。そりゃ、うつ病になるわ。

 

社会的弱者になることを回避するには、「学校で即戦力になるスキルを事前に身につけるか」もしくは「自分で商売をやる」しかないと思う。

 

「何とかなるっしょ」みたいな短絡的思考じゃ本当に生きれない時代になりそうだ。「嫌だわ、こんな時代」といつの時代の人も言ってるんだろうけど、改めて。

 

嫌だわ、こんな時代。

 

私の周りにいる人たちを見てそう思った。しっかりした人間性を備えている人たちが就職先を見つけられずにフリーターになってる。それこそ、彼らしっかり掃除もするし、しっかり挨拶もできるのに、就職先がないのさ。だったら、人間性よりスキルを磨こう、ってなるじゃん。

 

「仕事なんて選ばなかったらいくらでもある」って言うけど、人は選ぶ生き物でしょ。しかも、いくらでもある仕事なんて大体しんどくて面白味がないものばかりだよ。「仕事の有り難み」なんてのは若者には通用しない。

いくらでもある仕事には"いくらでもある"理由があるのよ。そんな仕事をやってもスキルが付かないから、若さを消費するだけで終わる。それを分かってるから、今の若い人たちは仕事を選びあぐねてる。結果、無職で居続けてしまう。

 

経済の重要さをひしひしと感じる。

日本は自国の経済を発展させるためにもっと力を使わないといけない。「経済的豊かさよりも精神的豊かさを」なんて一定層には有効かもしれないけど、経済的弱者は救えないよ。しかも、そう言う人に限って「株式投資」とかファイナンスにちゃっかり力を入れてるんだから。鵜呑みにしちゃいけない。

 

本当にこれからの時代に生きる若者には相当しんどい時代だよ。誰も育ててくれないから。自分で自分を育てるしかない。いつの時代もそうなのかもしれないけど、確実にこの流れは強くなってきてるよね?

しかしまぁ、自分で自分を育てるって生半可なことじゃない。充分に我慢強くなきゃいけない。自分に甘えて惰性的に生きてきてしまった人間には難易度が高すぎる。

そもそもスタートラインにすら立てないんだよ。悲しいけど現実だ。どうにもならない。

 

◯●◯●◯●◯●

 

----以上----

「まぁ大丈夫っしょ、何とかなるっしょ」って生きてきたけど、そろそろ限界が見えてきた20代男の意見です。時代の流れっていうのは確実に存在して、無視しても生きれる人と無視したら死ぬ人がいる。ちなみに、私はこのままだと確実に死ねる。

「潜在的社会的弱者」である。

※文中の「今」とは昔の時代との比較ではなく、単純に現時点を表す"今"という意味だけで使ってます。