フランス語独学情報サイト「ボンジュール」

「ボンジュール」ではフランスを独学する人に有益な情報をお届けします。


ブロガーはSEO対策なんてつまらないことはやめてしまえ!

f:id:asmrexpert:20190320152916j:plain

quit-seo-writing

先日行われたGoogleアルゴリズムのアップデートで打撃を受け、悲痛の叫びをツイートしているブロガー・アフィリエイターが多いですね。新アップデートがある度、私たちサイト運営者はGoogleの意向に左右される存在だと自覚します。でも、これは仕方がないことです。私たち利用者がコントールできない領域ですから。このブログに限っては、「SEO」なんてそもそも意識していません。

 

SEOを意識してストレス感じてまでブログやる意味ある?

 

 

●○●○●○●○●

SEOなんて意識してブログ書くからつまらなくなる

「SEO」なんてそもそも意識する必要ありますか?SEOのプロはまるで規則性があるように話しますけど、SEOなんて簡単に言ってしまえば「読者の役に立つ記事を書け」ってことじゃないじゃないですか?私はこれまで雑記ブログやら特化サイトやら色々なサイト運営をしてきて、一定以上の結果を出してきましたが、SEOに関してはそんなシンプルな理解しか持っていませんよ。「読者に役立つ記事かこう」って。Googleが医療・健康系のコンテンツの見直しを行っているのは、単純に「素人がつくる医療・健康系コンテンツは読者に不利益だから」という理由じゃないですか?当たり前の話です。

 

Googleの影響下から独立するためにはTwitterやるのが一番

しかしブログには「アクセスを確保すること」が大切です。しかし、アクセス確保のためにGoogleウケする記事を書いて成果が出る時代は終焉を迎えています。今回のアップデートのようなことはこれからも起こりますし、その度に「Googleのクソ野郎!」って愚痴をこぼしても時間がもったいないです。アクセスルートを検索流入以外で確保していくしかないんです。具体的には何か?「Twitter」です。これからブログに参入する初心者はTwitterに力を入れましょう。Twitterで「ファンづくり」をしていきましょう。別に「インフルエンサーになろう!」とかいう話じゃないですよ。インフルエンサーなんかならなくていいんです。あなたが書いた記事に生命を宿らせるためにTwitterでアクセスを稼ぐだけです。ブログは読まれて初めて価値を持ちますから。

 

「低品質・大量生産」というスタンスはSEOじゃ通用しないけどTwitterだと効果的だよ

このブログは「低品質・大量生産」というスタンスで運営しています。「質の高いコンテンツ」が求められる現代の流れとは逆行しています。でも、しっかりアクセスは生まれてきています。Twitterを育て始めているおかげです。Twitterがあれば、SEOなんて意識して、記事タイトルを短くしたり、見出しを考えたり、パーマネントリンクを設定したりする必要がないんですね。(長年のサイト運営の癖で全部やってしまうけど相当手を抜いています)単純に、私が「質の高いコンテンツをつくれ」という意識が嫌いだからです。日々、ウェブ上にアップロードされる記事で「質の高い」と思う記事ってそもそもありますか?私はあまり見かけません。でも、みんな「私のコンテンツは質が高い」と驕りを見せるのです。ブロガーはそもそも質の高さなんてどうでもよくて、自分がその瞬間に書きたい記事を書けばいいと思っています。新聞記者でもジャーナリストでもないのですから。

 

全国のブロガーに告ぐ

いますぐSEOから解放されろ

これは命令である