アンフィルム青年日記

口だけ達者な20代若者が「低品質・大量生産」というスタンスでアクセスを愚直に獲得していくブログ。お問い合わせはunfilmoui@gmail.comまで。


「言いたいこと」も「メッセージ」がないけどブログをやる理由

f:id:asmrexpert:20190320163613j:plain

nothing-to-tell-on-blog

このブログも運営開始から2か月が経ちました。「暇だし久しぶりにブログでも」という軽い気持ちで始めて、「あれなんか楽しいな?」という気持ちではてなPro一年プランと独自ドメインを購入し、「もっと読んでもらいたいな」と欲望が出てTwitterをつくり、1週間でフォロワーは800人にしました。“なりました”じゃなくて、“しました”です。暇なので、「この人なら私の記事を読んでもらえそう」というアカウントをひたすらフォローしまくっただけですよ。泥臭い作業。相当、暇な証拠です。

あれ、なんで私ブログのためにこんなにエネルギー使っているのだろう。

そもそもブログで「言いたいこと」も「メッセージ」もないわ!

 

 

○●○●○●○●

 

「言いたいこと」も「メッセージ」もなく90記事も書いてTwitterのフォロワー数を800以上にしちゃった

下書き保存してある記事も含めれば、当ブログで書いた総記事は90記事くらいあります。冒頭で書いたように、本気を出してTwitterのフォロワーも800人以上にしました。実際、Twitterに力を入れてみると、ブログのアクセスがえげつなく上がりました。でも、「ブログをやるべき理由」なんてないんです。伝えたいことも別にないから、ブログに一貫性がありません。本当に暇だからブログをやっているんだと思います。

 

一応Googleアドセンス広告を貼ってAmazonアソシエイトもちゃんと使えるようにしているけど収益よりただ「アクセス」が欲しい

「暇だから」という理由でブログを始めましたが、収益につなげることは最初から想定しています。目の前に稼げる機会があるのに放棄してしまうのは勿体ないというか、意味がわかりませんからね。GoogleアドセンスもAmazonアソシエイトの審査もすでに通っているので、広告も貼り始めました。でも、収益目当てのしょうもないアフィリエイト記事は書きません。つまらないんですからね。そんな時間はありません。でも、「アクセス」はじゃんじゃん欲しいです。「おっこんなに読まれてる!」ってアクセス分析を確認して嬉しくなるのが好きなんです。

 

「その瞬間思ったことを言える環境がある」という安心感が欲しいからブログをやっているんだろうな

では、なんでブログをやるんでしょうか?

特別に言いたいことはありません。そのため、一貫性はありませんから、メッセージ性もゼロに近いです。でも、生きているから「思うこと」はあります。多分、私は「思うことが言える場所」をブログに求めているのだろうと思います。本当にそれだけのためにブログをやっているだろうと思います。その瞬間思ったことを言うためのツールとしてブログは優秀です。人によっては、Twitterでもいいんでしょう。しかし、Twitterにはストック性・収益性はありませんから、私はブログを選んでいます。

 

「お前、この前と言っていること違うじゃねーか!」と思われるのは、生きているなら当たり前でしょ

念のため、しっかり断言しておきます。このブログに一貫性はありません。私の思考そのものだからです。過去記事を読んでもらえばわかりますが、私の書いていることはおかしいくらい変わっています。別にアクセス・収益が欲しいために意図的に変えているのではなく、本当にただ自然に変わっているだけです。人間、今日と明日では違う存在です。思考もどんどんアップデートされて、細胞も変わります。だから、最初から一貫性なんて必要ないんですよ。「そう思った」という過去は紛れもなき事実でありますが、過去は過去です。だから、私がしょうもないアフィリエイトに精を出しても怒らないでくださいね。

 

【関連記事】

www.unfilmoui.com

www.unfilmoui.com

www.unfilmoui.com