フランス語独学情報サイト「ボンジュール」

「ボンジュール」ではフランスを独学する人に有益な情報をお届けします。


「ブログは続けていればアクセスが増える」というのは幻想である【継続力は前提条件】

f:id:asmrexpert:20190321171028j:image

「記事を更新していれば、いつの日か」

単刀直入に言いますが、ブログ初心者ほどこの考え方は早く捨てるべきです。なぜなら、この考え方は積極性に欠けていて、コントロールできるはずのアクセス源も失う可能性が高いからです。

つまり、何を言いたいのか?

もっと攻めていけ!ということです。

 

 

◯●◯●◯●◯●

 

記事を書き続ければ結果が出るという状況は初心者ブロガーが簡単には実現できるものではない

まず、記事を書き続ければ結果が出るという状況は簡単に達成できるようなものではありません。ましてや、初心者ブロガーが記事を書き続けているだけでアクセスが増える状況を作るのは非常に難しいです「ブログを書き続けて結果が出たから、そこのあなたも継続して!」という中堅ブロガーのアドバイスは真に受けないように。彼らは書き続ける以上のことをしているから、結果を出せるのです。

 

 

記事を書き続ければ結果が出るという状況には「読者」と「アクセスルート」を確保が必要

では、書き続けるだけで結果が出る状況を構築するには、何が必要になるのか?

書き続けることで結果を出すには2つの要素が必要不可欠です。

①読者

②アクセスルート

本当に当たり前のことでガッカリしている人も多いでしょうが、やることは結局シンプルなのです。①読者がいれば、書けば書くほど記事は読まれます。そのため、「読者をつくる」という意識でブログを更新する必要があります。「読者が読んでくれそうな記事を書くこと」です。需要があって、供給が不十分で困っているユーザー層を見つけましょう。②アクセスルートには「検索エンジン」と「SNS」があります。ブログ初心者は検索エンジンを捨てて、Twitterを中心とするSNSに力を入れていきましょう。今から、ブログに力を入れるなら、検索エンジン受けするコンテンツより、SNS受けするコンテンツを作るべきです。SNSは直接的です。そのため、SNSの方が「どのようなユーザーにどのような記事を届けるべきか」を具体的に考えられる点も大きな魅力です。

 

 

「いつの日かアクセスが増える」という幻想を現実に変えるために試行錯誤するのがブログの醍醐味である

「続けていればアクセス増えるでしょ」という楽観的視点はブログを継続する上で、役に立つこともあるのですが...。(特にブログ開設初期で孤独な時期)まず、「継続」をは結果を出すブログの最低条件であり、「書き続けていれば」は幻想であることを理解しましょう。毎日記事を書いても全然結果が出ないと悩んでいるブロガーがたくさんいますから。そもそも、ブログの魅力は「トライアンドエラーが簡単にできること」なんです。(関連記事:ブログ最大のメリットは「トライアンドエラー」が誰でも簡単に体験できること

こんなに簡単・誰でも・無料でできる試行錯誤ゲームはありません。アクセス・収益という報酬も準備されています。試行錯誤を楽しんで、ブログというゲームをクリアしていきましょう。

 

「いつの日か」と他力本願な初心者ブロガーはTwitterをうまく使えるようになれ

ブログ初心者がブログで結果を出すための具体的方法はこうです。

①.Twitterで「読者になってくれそうなアカウントをフォローしてフォローバックを待つ

②.①を続けてフォロワーを増やす

③.フォロワーを読者と考えてフォロワーを意識した記事をつくる

この方法を使えば、ブログ初心者は検索エンジンの海に溺れるのではなく、早い段階から「ペルソナ(ブログのターゲット)」を意識したライティングが可能になります。Twitterのフォロワーを読者として考えて、情報を発信していく。この方法をうまく使えば、Twitterのフォロワーを増えますし、ブログへのアクセスも増えますし、ブログの固定読者数も増えます。実際、私はTwitter運用開始1週間少しではてなの読者を7倍にすることができました。

 

これからの初心者ブロガーは

SNSに積極性になればなるほど

結果を出せるようになります