フランス語独学情報サイト「ボンジュール」

「ボンジュール」ではフランスを独学する人に有益な情報をお届けします。


Twitter開始1週間で500人以上のフォロワーを獲得したらブログのアクセスが6倍になり読者が4倍になった話

f:id:asmrexpert:20190318221505j:image

「ブログ初心者はTwitterなどのSNSで時間を使うな!その時間でブログをもっと書け!」

当ブログでは以前にそのような記事を書きました。この考え方は今も変わっていません。初心者の多くがブログ初期段階で「アクセスが欲しい!」という欲求を抑え切れずに、肝心のコンテンツをつくらず、Twitterばかりで時間を潰しているからです。本末転倒だと思ったからです。コンテンツのストックがないのに、宣伝活動をしたって、効率が悪いじゃないですか?

実は、ブログ開設初期段階でのTwitter活動に反対だった私は1週間前にTwitterを始めたんです。「このくらいの記事数があればTwitter運用もうまくいくだろう」という予測が立ったからです。

 

そして実際に、ブログのアクセスアップに成功しました!

 

 

◯●◯●◯●◯●

 

「読者になる可能性が高いアカウント」を愚直にフォローしまくりすでにフォロワーは500人以上に

f:id:asmrexpert:20190318214859j:plain

ブログのアクセスアップのために、Twitter運用を始める人は非常に多いです。Twitterの運用方法はその人次第。その人の理想によって、だいぶ変わります。ブログのアクセスアップのために、Twitterを始める人は次の2つのタイプに分けることができます。

◯タイプ1.「有名人感を出したい」という理想でフォロー数よりフォロワー数を多くする人

●タイプ2.「とりあえずブログのアクセスアップをしたい」という理想でフォロー数を気にせずフォローをしまくる人

私は後者です。「ブログのアクセスアップ」だけが私の唯一の目的であり、フォロー数とフォロワー数の乖離が激しくしても、全く気にしません。結果的に、1週間で545人のフォロワーを獲得しました。でも、フォロワー数を増やすことが目的ではないんですね。大切なのは「ブログのアクセスを伸ばすこと」です。

 

500人以上のフォロワーを獲得したらブログのアクセスは6倍そして読者数は4倍になりました

予想通り、大幅なアクセスアップに成功しました。詳細なアクセス数については別記事でご紹介する予定なのでここでは伏せますが、アクセスは6倍になりました。(Twitter運用を開始する前日と運用開始後1週間後との比較)読者数も10人から39人と約4倍になりました。個人的には満足のいくスタートダッシュを切れて、Twitterの重要性を再認識するいいキッカケになりました。

 

 

ドメインパワーが弱いブログ開設初期にTwitterは有効だけれど最低でも「50記事」を書いた後に始めたほうが効率がいい

私がTwitter運用のスタートダッシュに成功した一番の理由は「記事のストックが充分だったから」なのは間違いありません。(過去記事『ブログ初心者はとりあえず書きまくれ。価値判断は読者に任せろ - アンフィルム青年日記』)で書いたように、ブログ初心者はとりあえず記事を乱作すべきです。ブログとTwitterを同時期に作るより、記事ストックを充分につくってからTwitterを始める方が圧倒的に効率がいいですよ。では、Twitterを始めるに充分な記事ストックはどれくらいなのか?私はTwitterを始めるのは「最低50記事」を作ってからがベストだと考えます。ちなみに、私は今回、65記事目でTwitterを始めてスタートダッシュに成功しました。

 

今後もこのブログでは、「Twitter運用でブログのアクセスアップするテクニック」でTwitter運用方法をご紹介していこうと思います。

 

【関連記事】

www.unfilmoui.com

 

www.unfilmoui.com

 

www.unfilmoui.com