アンフィルム青年日記

口だけ達者な20代若者が「低品質・大量生産」というスタンスでアクセスを愚直に獲得していくブログ。お問い合わせはunfilmoui@gmail.comまで。


アクセスとか収益を忘れてブログをただの落書き帳にしてみたら

暇潰しで始めて、途中は「アクセス稼ぎ」にハマりかけ、現在は適当なエッセイを書くブログになってしまった。

 

過去記事に書いた通り、現実生活が充実してきたので、ブログに割く時間がなくなった。当初のような文字ボリュームがある記事はもう書けない。というか、書く必要がなくなった。

 

「ブログ、楽しい」

 

 

今では、こんな短くて軽い文章で満足できるようになってしまった。私にとって、ブログが完全に「落書き帳」になった。

 

落書き帳に一貫性なんかない。落書きが書いてあれば、授業の内容も書かれているし、メモとして使ってビリビリに破れている。まさに、私のブログの理想像だ。

 

このブログでは、今後も私のしょうもないにエッセイを更新するし、無造作に人をセレクトしてインタビュー記事を書きたい。別に、架空のインタビュー記事でもいいな。また、気が向いたら、ブログ初心者向けのコンテンツを作るかもしれないが、この分野は私より優れた人が多いので、私が書く必要がない。

 

「えっ、でもアドセンス広告バンバン貼っているじゃん?」

 

ブログのアクセス稼ぎに精を出していたときの名残である。今は全く期待していない。しかし、いちいち撤去するのも面倒。ユーザーエクスペリエンスは下がると思うが、でもまぁそんなに気にならないだろう。削除するのも手間だし。

 

現実生活が充実してきたから、それをブログにして読者に有益な記事を書けばアクセス・読者数の底上げはできるだろうけど、ブログではプライベートを出したくない。

 

ブログをビジネスとしてやるなら、アクセスは最低条件である。しかし、落書き帳なら、なんでもアリである。最低条件なんてものはない。はてなブログというプラットフォームがあれば結構。なんでもできる。

 

もし、あなたがブログを楽しみたいと思っているのなら、ブログを「落書き帳」にしてしまえばいい。ビジネスとして考えているなら、とことん「アクセス」と向き合おう。

 

使い方は色々ある。

自分に合った使い方でブログを楽しもう!