アンフィルム青年日記

口だけ達者な20代若者が「低品質・大量生産」というスタンスでアクセスを愚直に獲得していくブログ。お問い合わせはunfilmoui@gmail.comまで。


もっと名乗ればいいよ。名乗れば物事は進むようになるから。

今日、ひとつ決めた。

 

「エッセイスト」と名乗ることにした。2019年3月27日の今日から、私はエッセイストである。実績は、ない。好きな小説家のエッセイはよく読むぐらいだ。というよりも、小説家の小説よりエッセイが好きだ。

 

よし、私もエッセイストになった。やることは決まっている。このブログに自分のエッセイを載せていき、読者に読んでもらうことだ。恐らく、私の予想通りに、アクセスも読者も増えない。全くの苦行になる!しかし、そのような結果を受け入れてでも、私はエッセイストになりたい。

 

結局、自信をもって名乗ることができたら、物事はうまく進んでいく。名乗った途端に、物事が進んでいく。名乗った時点で勝負が決まる。

 

「私はダメな人間」という奴は、そう言っている限り、ずっとダメな人間だ。実際に、ダメな人間でも「私は天才だ」という奴は、天才ではないかもしれないが、目は輝いている。

 

希望を持つか、捨てるか、の違いだ。別に、希望を持っても人生が順調に進むわけではないが、必ず進む。

 

希望を持つためには何をやればいいのか?

 

自分は何を名乗りたいのか?を決めよう。

 

そして、名乗ろう。

 

楽しくなるよ、人生!