アンフィルム青年日記

口だけ達者な20代若者が「低品質・大量生産」というスタンスでアクセスを愚直に獲得していくブログ。お問い合わせはunfilmoui@gmail.comまで。


有益な情報を期待している読者よ、すまない!私はこれから書きたいことを書きたいように書いていくことに決めたんだ

Twitterのフォロワーが1,100人以上になり、読者数も100人を超えた。「ブログ初心者」向けに数十記事を書いて、それが受けている。読者になってくれた皆さんも、私にブログ関連のコンテンツを期待していると思う。

 

しかし、すまない!読者よ!

 

私は有益な情報を発信することに早くも飽きてきた。いや、有益そうな記事を書くことに。もっと曖昧で何を言いたいか分からない文章を書いていきたい。簡単に言えば、とりあえずエッセイを書きたい。

 

テーマはないが、ターゲットは決まっている。現在このブログに登録している102人の読者に向けて。(20代男性の戯言なんか読みたくない人は読者登録を解除してください)

 

私は書きたいことを書きたいように書くことに決めた。(安心してほしい。ブログ術も書きたいから書いていたから)

 

エッセイが書きたいんだ。私はただの20代の男だが、年齢を考えたら、結構色々な経験をしているんだ。(自分でこういうことを言う奴はまず疑え)

 

私が書きたいように書くということは、つまりはブログという枠を超えて書くということで、文字数も文体も記事タイトルも見出しもデタラメに考えるということ。

 

このブログの「低品質・大量生産」というゴールを、私はしょうもないエッセイで達成しようと思う。

 

ぜひ、私のエッセイに付き合ってくれる人はいないか?

 

いたら、はてなスターを残してほしい。

 

私はしょうもないエッセイを頑張って書いていくから。